非正規店とは?

正規店と非正規店の違いと特徴

携帯電話の修理業者には大きく分けて正規店と非正規店の2種類があります。一見するとどちらも同じように思われるこの2種類のお店には大きな違いがあって、それが認可の有無です。正規店がその携帯電話を生産、販売しているメーカーから認可を受けているのに対して、非正規店は認可されていない形となります。
こうした理由から、非正規店に対して信頼性に不安を感じる人もいますが、認可されていないからといって全てが信頼できないというわけではありません。中には国から認可を受けて営業を行っている所も多く、こうしたお店であれば例え非正規店であっても信頼性は高いと言えます。そのため、もし非正規店に修理を依頼する時は、事前にこの点について確認をしておくことが大切です。

非正規店ならではのメリット

正規店と非正規店は認可の有無だけでなく、細かい部分での違いもあります。
中でも非正規店ならではのメリットとして挙げられるのが割引サービスです。正規店はメーカーが定めた料金に則る形で修理を請け負うため、費用は一律となりますが、非正規店は認可を受けていないことで自由に設定ができるようになっています。そのため、店舗ごとに口コミや学割といった独自のキャンペーンを展開して通常よりも安い値段で修理をしてもらえるのが特徴です。
そのほかにも、非正規店には対応の速さという面でのメリットもあります。認可を受けている正規店は全国に点在するとはいえ、実数はそれほど多くないので時間帯によっては混雑してしまうのは否めません。それに対して非正規店は店舗数がたくさんあることから、来店するタイミングを問わず待ち時間が短くスムーズに対応してもらえます。

急にiPhoneが故障したら大変です。iphoneの修理を吉祥寺に住んでいる人がどこかで行うなら、地元の吉祥寺にある専門店で直してもらいましょう。

© Copyright Phone Repaired Quickly. All Rights Reserved.