正規店・正規代理店とは?

Appleの公認を受けている店が正規

iphoneが万が一故障したという時にはAppleが公認した正規店や正規代理店に出すのが一番安心できます。正規店とはApple Storeと呼ばれるAppleの直営店のことで、主要都市しかないのが難点ではありますが、持って行けば間違いなく純正部品を使って修理を行ってくれます。正規代理店はAppleの直営店ではありませんが、Appleと同様の保証や技術を用いて修理を行ってくれるApple公認の代理店です。正規店に比べると地方都市であっても存在しますので、アクセスはしやすくなるでしょう。 修理をお願いする時にお住まいの地域でAppleの正規店もしくは正規代理店が分からないのであれば、Appleのコールセンターに問い合わせてみるとお近くの店を紹介してもらえますので、積極的に利用してみるといいのではないでしょうか。

修理を依頼するなら事前に予約が必要

iphoneが何らかの理由で壊れてすぐに正規店もしくは正規代理店に持って行ったとしても、その場で対応してもらえるわけではありません。iphoneの修理を依頼するならば、事前にAppleのホームページにて予約の申込を行う必要があります。予約を済ませたら、修理を依頼する正規店もしくは正規代理店に持ち込みます。予約状況によっては画面の修理などの簡単な修理であれば同日対応をしてくれたりしますが、多くの場合は翌日以降の受取になるでしょう。

iPhoneの修理を出す前には、修理の最中にデータが初期化されるわけですので、自分自身でデータのバックアップを必ず行ってください。データのバックアップを行うことによって、今まで使用していた大切なデータが守られます。

iphoneの修理を川崎内の店でしてもらう場合、なるべく保証サービスを受けられる正規店にするべきでしょう。非正規店は安価ですが、一度利用すると、正規の保証サービスが受けられなくなるリスクがあります。

© Copyright Phone Repaired Quickly. All Rights Reserved.