正規店のデメリット

費用が最も大きなデメリット

iPhoneの修理を正規店で行う最大のデメリットは費用です。修理する内容にもよりますが、正規店は非正規店と比べて、倍以上の費用が掛かる事が多くなっています。なお、正規店の費用が法外に高いという事では無く、非正規店が非常に安い価格で修理を提供しているのです。正規店は純正のパーツを使っているのはもちろん、メーカー側が認めた技術者が修理をしてくれますが、非正規店はメーカーのお墨付きは無く、加えて、非純正のパーツを使っている為、安価に済ませる事が出来ているのです。つまり、どちらにも一長一短があると言えます。iPhoneの修理において、とにかく、コストパフォーマンスを優先させたい方にとっては、費用面は大きなデメリットになっていると言えるでしょう。

修理拠点の数もデメリットの1つ

費用と合わせて、iPhone修理の正規店のデメリットになっているのが店舗数です。iPhoneの正規店は非正規店と比べて圧倒的に少ない展開となっています。正規店はメーカーの認可を貰わなければならない為、数が限られています。一方、非正規店は特別な認可を必要としないので、全国各地にかなりの数が展開をしています。その差は5倍以上の数となっており、圧倒的に非正規店の方が利用しやすい環境となっています。近くに正規店が無い方の場合、正規店での修理を行おうと思うとわざわざ探して遠出をするか、郵送修理を行わなければなりません。スマホが生活の一部になっている方も少なく昨今においては不便な状況と言えるでしょう。利用する前にはこれらのデメリットを押さえて、修理先を検討しましょう。

iphoneの修理を銀座で行う場合、街中に複数店があるので便利です。中には即日で対応してくれる店もあり、修理で困ることがありません。

© Copyright Phone Repaired Quickly. All Rights Reserved.